花粉症となった以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前に花粉症になってしまい、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

お薬を飲むことは避けたいことだったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを飲んでみました。

今のところは、これで花粉症はだいぶましになってます。

夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって調子が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよとすすめられました。

私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を頂けるので、調べたいと希望しました。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに存在する天枢(てんすう)です。

後、へそ下5cmくらいの場所にあるふっけつというツボも良いと思います。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

便秘の種類それぞれで効果的なツボが異なるので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

息子がインフルエンザにならないための接種につれて行きました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種終了後は怖い!と伝えていました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も言うことができませんでした。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。

来る日も朝食べています。

頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。

あんなにも頑固で、大変だった便秘が解放されて、便秘薬を飲む必要がなくなりました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。

気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。

ではありますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのオーバーする可能性もあります。

消化し吸収できる量には限界があるので、常識的な範囲を守っておくと確実でしょう。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。

仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱の症状は数日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。

たとえ平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、うつしてしまう場合があります。

ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

ここのところの研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かるようになってきました。

インフルエンザの症状をワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。

日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという名の抗体ができる働きを持ちます。

そして、発生したこのIgEが多くの数発生してしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。

アトピーを起こす原因とされていますが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。

いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌を含有した食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

これは常識なのですか?私は30年以上生きてきて、とても驚いた事実です。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でも理解できます。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではというふうに思っている人もいます。

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、従って身体全体の健康にとても効果的です。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルト。

その昔、白血病を患い、闘病経験がある渡辺謙さんのCMをよく目にします。

みごとに白血病を治し、ハリウッドでの演技が高い評価をうけているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、高い効果が期待できそうなような気がします。

便秘にいい食べ物を毎日頂いています。

それはバナナと発酵乳の1種です。

毎朝食しています。

頂いている間に、便秘が解消してきました。

あのようにも頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲水することもなくなりました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思います私が便秘になったのはなぜかというと、運動不足のせいなのでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もほとんどないのです。

犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういった理由で、私は便秘なのだろうと思うのです。

でも便秘を少しでも軽くするため、今日からウォーキングを始めることにします。

アトピーにとても効く化粧水を毎日使っています。

友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを大変きれいに消してくれたのです。

毎日鏡を覗くのが、たいへん楽しみになりました。

触る度に素肌がスベスベになったことを実感しています。

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私の経験によると、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。

日ごとに1パックぐらい食べて、お通じがやっとあるという感じです。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと様々な良い結果がもたらされます。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内の環境を良くします。

疫力アップにつながり、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。

他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いと言われています。

アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

勿論、必ず医師の指導を受けたうえで正しく使用するということが大事です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師や看護師の指示を受けるか、セカンドオピニオンを役立てるといいでしょう。

独りよがりの判断は好ましいことではありません。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。

そして、発生したこのIgEが数多く作られすぎてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。

乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試してみると良いでしょう。

近頃は、乳製品の味をしていない乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリとも販売されています。

私は腸まで届く効果のある乳酸菌飲料を試しに、飲んでみたとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、試すのは休日前がいいかもしれません。

詳しくはこちらを参照してください